メリットとデメリット

地金型金貨を投資に使うことには、メリットとデメリットが存在します。メリットとしては、金地金を購入する際にかかるバーチャージと呼ばれる費用が掛からないということがあげられるでしょう。売買どちらともかけられる手数料ですが、500g以下の取引をする際に掛けられます。地金型金貨であれば、これがかからないため、少量の取引に向いているのです。

金地金を売却する時の譲渡所得にかかわる課税が、5年以上保有すると、半分に減額されるという面も持っています。つまり、長期投資として考えれば、高いメリットを保有しており、安定性が高い投資になってくれるのです。

その代わりに、デメリットも存在します。最大の問題が、スプレッドです。取引にかかわる差額といえるものですが、どうしても金地金より大きくなってしまいます。小さな金貨にすればするほど大きくなりますので、投資額を大きくするのであれば、大きな金貨を選ぶ必要があるといえるでしょう。

そして、傷をつけるとプレミアが下がります。これにより金地金の価値しか残らなくなってしまい、元本割れのリスクに追従し、さらにリスクを高めることにつながってしまう可能性が出てくるのです。金は、為替変動で価格が動きますので、元本割れのリスクが付きまといます。そこにプレミアを下げてしまえば、さらに大きなリスクとなってしまうのです。