地金型金貨の価値

金貨の中でも、投資に用いられる金貨を地金型金貨と呼びます。地金型金貨は、収集金貨のように内容よりも高額な価格を設定することはなく、金地金の時価相当分に対して、少しだけ上乗せした時価で売買されることになります。この上乗せ分はプレミアと呼ばれますが、金の純度に対して決まる仕組みで、割合も決められているのです。古いものには当てはまりませんが、法定通貨としての額面と金の量目が刻印されています。しかし、これらは比例するとは限らず、金の市場価格より額面はかなり低く設定されているものなのです。そのため、額面は実質上意味を持っていないといっていいでしょう。

なぜこういったものが投資に使われるかといえば、金を使っている以上いつでも世界共通の市場相場で売り買いすることができ、その日のうちに換金が可能だという事です。それも安定した供給量になっているのですから、大幅に崩れたりすることもありません。

金貨は、大きさが小さいものであるということもあるでしょう。金自体を購入する場合、どうしても取引が大きなものになりがちです。しかし、地金型金貨は少額で購入することもできるため、リスクの軽減をすることができるといえるでしょう。